質屋は物を担保にお金を借りるために存在

質屋が重宝されるようになった理由は身分保障が要らないという点です。

たとえば現在、銀行などでお金を借りる場合には「保証人」が必要であったり、「担保」を求められることがほとんどです。

過去も同じだったのですが、普通の人は担保となるような代物は持っておらず、金策に困った際に頼れる場所がなかったのです。

そのような中、自分の持っている「生活用品の何かを担保」にしてお金を借りられる質屋というシステムが誕生しました。

昔は物が少なく、ほとんどの生活用品が貴重でした。

だからこそ、鍋や靴など、今となっては当たり前すぎて中古で売ることができない家財道具も立派な担保となり、お金を借りることができたのです。

このシステム自体は今も生きているので、保証人をつけないとお金が借りられないが保証人がいないというときなどに利用すればお金を借りうけることができます。

今はどうしても質屋のイメージが中古品を買い取ってくれる場所というものになってしまっていますが、銀行や消費者金融のようにお金を貸してくれて、なお且つ質入れする品があれば詳細な審査も必要ないということを覚えておきましょう。

質屋という言葉だけで過去の遺物と思わず、改めてそのシステムに着目してみてください。

▼ 関連ページ
キッズ大曲店